プラスチック2次加工/シルク・パット印刷、ホットスタンプ、水面転写印刷などが可能です。

プラスチック2次加工

(エンプラ成形をメインに多品種のプラスチック樹脂に対応しております。)

シルク印刷

多色・厚肉印刷にも対応可能です。

シルク印刷又はシルクスクリーン印刷は写真製版で細かい穴を開けてそこから、インクを押し出して印刷をする方法です。

平面の印刷加飾を得意としている、印刷方法で各種印刷の中で、膜厚が一番厚く出来る方法です。5~数10μmの印刷も可能です。
また、インクを乗せるという事から多色印刷も行うことができます。

パット印刷

印刷できる形状も平面に限らず、球状、円形、凸凹状に対応可能です。

パット印刷又はタンポ印刷は、デサインパターンをエッチングさせた平板から転写体にインキを転写して印刷をする方法です。
凸面や凹面等シルク印刷で出来ない形状の場所への印刷が可能です。

ホットスタンプ

(多色・厚肉印刷にも対応可能です。)

金属光沢がそのまま製品表面に転写されるので、インキでは出来ないような金属光沢が得られます。

箔には、金銀などの蒸着箔や単色の顔料箔の他に絵柄をグラビア印刷やシルク印刷で施した転写箔(マルチカラー箔)があります。
転写箔を使用すれば、1工程で色ズレのない高品質な多色印刷が可能です。

超音波

(多色・厚肉印刷にも対応可能です。)

超音波プラスチック溶着機 (超音波ウェルダー) は樹脂成形品同士を微細な振動と加圧力によって瞬時に接合する加工技術です。

“単体では厚肉になるがもっと軽量化したい”
“内部を空洞にしたい”
“違う樹脂・違う色を一つの製品にしたい”などの声に超音波溶着の技術は最適です。

転写

あらゆる形状のものへの柄付けが可能

水面転写と呼ばれることもあります。
特殊なフィルムに印刷されたリアルな柄や模様を、複雑な形状を持つプラスチック部品に転写する事が出来る塗装技術です。

つや消し、つやあり、木目、石目、金属、などなどフイルムを使い分けることによりリアルで様々な表現が可能です。