樹脂メッキ/メッキ不良の少ない、樹脂メッキに最適な生地を速やかに生産します。

樹脂メッキ

長期(40年)に渡る樹脂メッキ生産の実績が我々の強みです。

樹脂メッキって何?(樹脂メッキの利点)

プラスチックは柔軟性、軽さ、加工性・設計性の良さから様々な分野で使用されています。

しかし、金属に比べるとキズがつきやすく、耐熱性、耐候性に劣るなど、金属製品に代わるものとしては欠点と呼べる部分もあります。

プラスチックにメッキを施すことで、美しい金属外観を付与できる事はもちろん、プラスチックの欠点を補って機能をさらに向上することが出来ます。

樹脂メッキは、プラスチック製品に重厚な金属外観を付与する、もっとも有効で実績のある加工技術です。
真空蒸着やホットスタンプでは実現できない多彩・多様な金属質調と質感、皮膜機能、優れた密着性に大きな特徴があります。

● 樹脂メッキ・事例

樹脂メッキの難しさ

樹脂メッキは材質が多種多様なため独自のノウハウが必要とされています。

(1)まずは表面処理。

本来金属ではない樹脂にメッキを施す際必ず素材の表面上に薄い皮膜を形成したり、あるいは素材の改質をするなどの表面処理が施されます。

(2)成形生地の安定した品質がメッキの良し悪しの決め手!

表面処理を施すとき、もとの成形生地の品質が悪いと、うまく処理が出来ずまた、その後のメッキのつきも悪くなり、大量のメッキ不良が発生してしまいます。
なんといっても、成形生地の品質の安定が良質の樹脂メッキの基本なのです。

(3)長期にわたる樹脂メッキの実績!

当社は創業以来、自動車、家電製品、アミューズメント機器、各種内装・外装部品など、多種類の樹脂メッキを手がけており、常に、樹脂メッキに最適な安定した生地を提供し、いずれの分野でも高い評価を頂いております。